作文嫌いの子どもに3日で読書感想文を書かせる方法
5a52e05f428f2d013f001f06 5a52e05f428f2d013f001f06

作文嫌いの子どもに3日で読書感想文を書かせる方法

残り1点

¥1,080 税込

送料についてはこちら

作文嫌いや勉強が苦手な子どもは、「見る・読み取る・感じる・思い出す・結びつける・表現する・変換する・書く」の中のいくつかの作業で、困難さを抱えている可能性があります。 困難な作業については親が手助けをし、子ども自身も工夫をする必要があります。 本書では、筆者が21年間の編集者生活で培った「他人に文章を書いてもらう技術」と、現在フリーライターとして使っている「既定の文字数で原稿を仕上げる技術」を紹介します。 子どもたちが成長し、社会人になったときに求められるのは、正解を素早く答える「正解力」ではありません。 さまざまなデータを結び付けて、オリジナルの視点で新しい手法を作り出す能力。つまりインプット・アウトプットを行う「作文力」です。 パソコンに1冊の本を全文入力しても、読書感想文を出力することはできません。読書感想文などの作文は、パソコンに取って代わられることのない、人間にしかできない作業なのです。 作文力を養うための第一歩として、親子で読書感想文に取り組んでもらえればと思います。 ■目次 はじめに  2 パート1 お父さん・お母さんが最高のコーチ  13 一人ひとりの子どもに合わせて作業を進める必要がある  14 「作文力」は美文ではなく自分自身を表現した文章を作る力  18 □我が家の場合 同じ4年生でも人それぞれ 24 パート2 子ども任せにしない  27 「まずは自分でやりなさい」が作文嫌いをこじらせる  28 子どもによって苦手な作業は異なる  31 子どもが苦手としている作業のチェックポイント 40 電子機器やサービスを活用する 45 □我が家の場合 5行で息子の動きが止まった! 49 パート3 親が子どもに3日で読書感想文を書かせるスケジュール  51 子どもが迷わないように親はガイドする  52 書き始める前に準備! 読書感想文を書くために必要な物  53 親子で最初に確認! 読書感想文を書く手順  55 親が子どもに3日で読書感想文を書かせるスケジュールのモデル  59 パート4 「書きたいことが頭から浮かんでくる」状態になるまで準備をさせる  61 【本の選び方】子どもがすでに興味を持っているテーマの本を選ぶ  62 □我が家の場合  過去に読んだことのある本を選択  68 【本の読み方】一見面倒な「3ステップ読み」が実は早道  70 □我が家の場合  付箋の貼り方を母親が実演  74 【メモの取り方】大きな紙に縦書きでメモを取らせる  76 【感想の引き出し方】「感動した」「すごい」は別の言葉に変換させる 78 □我が家の場合 絵を描きながら場面を把握  81 パート5 「ぼく(私)」を主語にしてオチを考えさせる  85 子ども自身に引き付けた文が読書感想文のオチになる  86 オチを引き出すために作者や主人公について子どもに質問する  88 オチを考え始めて15分で休憩を入れる  90 □我が家の場合 「僕は作者みたいになりたくない」がオチ  91 パート6 形を整えて下書きをさせる  93 既定の文字数どおりに書くための構成を作る  94 書き出しはシンプルにして前向きな言葉も付け加える  98 下書きは原稿用紙に書かなくてもかまわない  104 書き直しで作文のルールを身に着けよう  106 □我が家の場合 下書きは3回行った  111 パート7 清書させる  113 清書が終わるまで親が付き添う  114 □我が家の場合 失敗させないようにつきっきり  120 おわりに  122 版型:ソフトカバー B6 ページ数:128ページ 定価:本体1000円+税 発売日:2017年7月11日 ISBN:978-4-9909011-2-7